product

chanoki

4th-marketの地元三重県は全国の中でも有数のお茶どころです。お茶どころ、ということで昔から茶器の生産が盛んでした。

今日は「茶樹 チャノキ」で入れる冷茶をご紹介します。

<一杯目(チャノキ湯吞み 二杯分)>

  1. 急須に茶葉大さじ1杯をいれる。
  2. 大きめの氷を1つ入れる。(小さければ2つ)
  3. 急須の八分目まで常温の水を入れる。
  4. 5分待ち、ゆっくりと傾けながら注ぎ分ける。

★甘みのあるまろやかなお茶が楽しめます。

<二杯目を続けて飲む場合>

  1. 八分目まで常温の水を入れる。(氷はまだ残っているので足さなくても良いです)
  2. 3分待ち、注ぎ分ける。

★少し渋みのあるお茶を楽しめます。

チャノキは、網が底に付いているタイプの急須なので茶葉が浸りやすく、水切れも抜群です。開口部も広く茶ガラも捨てやすいため普段使いで取り回しの良い機能的なデザインになっています。(容量 急須:150cc/湯吞み:100cc)

旨味が強くすっきりとした飲み心地の冷茶を、これからの季節ぜひお茶の時間にお楽しみください。

chanoki3

広告

ディスカッション

コメントを受け付けていません。